• Willkommen im deutschen Touhou Wiki!
  • Falls du selbst mithelfen möchtest, dann kontaktiere uns auch bitte auf den Discord-Servern an der linken Seitenleiste!
  • Lest die Richtlinien!

Eiki Shiki, Yamaxanadu

Aus Touhou Wiki
Zur Navigation springen Zur Suche springen
四季映姫 (しきえいき) ・ヤマザナドゥ
Eiki Shiki, Yamaxanadu

ɕikie̞ːki ja̠ma̠za̠na̠dɯᵝ (♫)
Eiki Shiki
Oberster Gerichtshof vom Paradies
Mehr Charaktertitel
Alternative Namen Sikieiki Yamaxanadu; Shikieiki Yamaxanadu
Spezies Yama
Fähigkeiten Kann genau beurteilen, ob etwas gut oder böse ist
Tätigkeit Richter der Toten
Auftritte
Offizielle Spiele:
Literatur:
Musik

Eiki Shiki, Yamaxanadu (四季映姫・ヤマザナドゥ Shiki Eiki Yamazanadu, Vorname: „Eiki“, Name: „Shiki“) ist eine Yama, die entscheidet, ob die Toten in die Hölle oder in die Niederwelt kommen. Sie ist der finale Boss aus dem Spiel Phantasmagoria of Flower View.

Allgemeines[Bearbeiten]

Tätigkeit[Bearbeiten]

Fähigkeit[Bearbeiten]

Besitz[Bearbeiten]

Konzept[Bearbeiten]

Eiki, as illustrated in Perfect Memento in Strict Sense

Name[Bearbeiten]

Aussehen[Bearbeiten]

Eikis Auftritte[Bearbeiten]

Spiele[Bearbeiten]

Phantasmagoria of Flower View
Eiki's back sprite in PoFV
Eiki's sprite in PoFV

Spin-Offs[Bearbeiten]

Eiki in HM
Shoot the Bullet

In Shoot the bullet traf Aya Shameimaru in Stage 10 auf Eiki, um Fotos von ihrem Danmaku zu knipsen.

Hopeless Masquerade

Eiki steht in Hopeless Masquerade auf den Dach des Großen Mausoleums der Traumhalle.

Beziehungen[Bearbeiten]

Gallerie[Bearbeiten]

Skills[Bearbeiten]

Spell Cards[Bearbeiten]

Trivia[Bearbeiten]

Fandom[Bearbeiten]

Offizielle Profile[Bearbeiten]


Phantasmagoria of Flower View - キャラ設定.txt

Eiki Shiki, Yamaxanadu PoFV  ○楽園の最高裁判長

  四季映姫・ヤマザナドゥ(しきえいき)

  種族:閻魔様
  能力:白黒はっきりつける程度の能力


   地獄に住む死者を裁く神。白黒はっきりつける程度の能力を持つ。
   彼女の名前は、四季・映姫であり、ヤマザナドゥは閻魔様の役職の
  一つ様なものである。基本的には担当部門を表した名前が付けられる。


   人間とは異なり、物事の善悪の基準を自分の内に持つ。その判決は
  死者には覆すことが出来ない。その善悪の基準は非常に複雑であり、
  事件の成り立ちから、関係者の生い立ちまで全てが罪の重さに影響す
  る。

   彼女に嘘を吐くことは、ばれない事が自分を善人に見せる絶対条件
  となる。ばれると大きなマイナスとなる。

   彼女は普段、死者の罪を咎め、地獄か天界かそれとも別の所の何処
  へ行くのかを判断する。その仕事の影響か、少し説教くさい。


   彼女が幻想郷の異変に気がついたのは、小町がなかなか死者を運ん
  でこなかった時だった。怪しく思った彼女が幻想郷を見てみると既に
  一面の花で埋め尽くされていた。

   彼岸花、向日葵、鈴蘭、蓮、そして桜と、あらゆる花が同時に咲い
  ていたのである。事態を飲み込めずにいると、そこに生きた人間や妖
  怪達が殺気立てて襲いかかってきた。

   その姿を見てすぐに事態を理解した。
   これは六十年目の「あの年」である、と。

   これらの花は全て死者の魂が宿った物であり、魂が処理されていな
  かったのは小町の怠慢である。
   小町は余りにもマイペースな性格の死神であり、花で埋め尽くされ
  ても、綺麗だねぇ、程度にしか思っていなかったようだ。

   彼女が花で埋め尽くされた幻想郷を元に戻れせる訳ではないが、時
  間と共に元通りになる。実害も殆ど無いだろう。

   それよりも、目の前に罪を負った人間がいる。彼女の性格上、それ
  を見過ごす事は出来なかった。

Referenzen[Bearbeiten]