• Willkommen im deutschen Touhou Wiki!
  • Falls du selbst mithelfen möchtest, dann kontaktiere uns auch bitte auf den Discord-Servern an der linken Seitenleiste!
  • Lest die Richtlinien!

Toyosatomimi no Miko

Aus Touhou Wiki
Zur Navigation springen Zur Suche springen
豊聡耳 (とよさとみみ)   () 神子 (みこ)
Toyosatomimi no Miko
Toyosatomimi no Miko
Toyosatomimi no Miko in Antinomy of Common Flowers
Shoutoku Taoist
Mehr Charaktertitel
Alternative Namen Miko Toyosatomimi
Alter 1446 (Geboren 07. Februar 574)
Spezies Heilige, Eremit
Fähigkeiten Kann 10 Gespräche von Leuten zur gleichen Zeit hören.
Heimat Großes Mausuleum der Traumhalle, Senkai
Auftritte
Offizielle Spiele:
Literatur:
Musik

Allgemeines[Bearbeiten]

Persönlichkeit[Bearbeiten]

Fähigkeiten[Bearbeiten]

Tätigkeit[Bearbeiten]

Besitz[Bearbeiten]

Vergangenheit[Bearbeiten]

Konzept[Bearbeiten]

Miko's appearance in Wild and Horned Hermit

Herkunft[Bearbeiten]

Name[Bearbeiten]

Aussehen[Bearbeiten]

Auftritte[Bearbeiten]

Spiele[Bearbeiten]

Literatur[Bearbeiten]

Gallerie[Bearbeiten]

Beziehungen[Bearbeiten]

Taoist Anhänger[Bearbeiten]

Leute vom Myouren-Tempel[Bearbeiten]

Kleinere Beziehungen[Bearbeiten]

Skills[Bearbeiten]

Spell Cards[Bearbeiten]

Weitere Informationen[Bearbeiten]

  • Der Schmetterling, den Miko während einiger Angriffe einsetzt, ist vermutlich eine Anlehnung an Zhuangzi's Schmetterlingstraum, eine bekannte daoistische Philosophiegeschichte.
  • Miko's rechte Hand scheint in Ten Desires falsch gezeichnet. Ihre Finger sollten sichtbar sein, nicht ihr Daumen. Es sieht so aus, als hätte sie zwei rechte Hände.
  • Mit sieben Spell Card ist Miko der erste Final Boss der mehr als sechs Spell Cards benutzt (Kaguya Houraisan's Last Spells nicht mitgezählt.)
  • Miko ist der erste Charakter, dessen genaues Geburtsdatum und Alter bekannt sind.

Fandom[Bearbeiten]

Offizielle Profile[Bearbeiten]

Ten Desires - キャラ設定とエキストラストーリー.txt

Toyosatomimi no Miko of Ten Desires  ○6面ボス  聖徳道士

  豊聡耳 神子(とよさとみみのみこ)
  Toyosatomimi no Miko

  種族:聖人
  能力:十人の話を同時に聞く事が出来る程度の能力


  馬小屋で生まれ、幼い頃から才覚を認められた天才であった。

  やんごとなき生まれの彼女は、幼い頃から様々な訴えを聞く事があった。
  どうせ理解できないだろうと思って、役人達の愚痴のようなものを投げかけられることも多かった。
  しかし、神子はその全てを理解し、すぐに的確な指示を出すことが出来た。
  その噂が世間に広まり、聖人として絶大な人気を得たようである。

  彼女には天才ならではの葛藤があった。
  「大地は神々の時代から変わらず、海は水を湛えている。
   何故、人間は死を受け入れなければならないのか」
  次第に、彼女は死んでいく人間の運命に不満を持つようになった。


  神子の評判を聞きつけた青娥は、この人ならば間違い無いと思い、道教を勧めにやってくる。

  道教は自然崇拝であり、自然と一体になることで不老不死を実現することが出来る、そういう内容であった。

  神子は心躍らされた。
  それと同時に、その宗教ではいつまで経っても国が平定しない、と青娥に伝えた。
  青娥は自分の願いを実現するためには国の政治などどうでも良いと思っていたが、神子はそうは考えなかったのだ。

  青娥はならばこうしましょう、と言って、表向きは仏教を信仰する話を持ちかけた。仏教は殺生を禁じ、規律の厳しい宗教であると伝えると、神子はそれならば国は落ち着くであろう、と納得した。


  神子は仏教を広めた。これは権力者以外が力を持たないようにする為である。その裏で、道教の研究を進めた。

  その結果、超人的な能力を発揮し、様々な伝説を残したのは皆が知る事である。


  そして、最終目的である不老不死の研究も怠らなかった。
  丹砂など様々な稀少な鉱物を使う事もあった。それが彼女の体を蝕んだ。
  本来不老長寿をもたらす筈の道術で体を壊してしまったのである。

  神子は今の体のままでは持たないと思い、尸解仙になることを決意した。
  尸解仙は一度死んで(もしくは死んだように見せかけて)、再び復活する秘術である。

  しかし自分一人で実行するのを怖れた神子は、布都に話を持ちかけ、まず先に眠りについて貰うように話した。
  布都は神子の力を信じ、実験台となったのである。死後、腐りもせずに眠り続けた布都を確認すると、自らも眠りについたのであった。


  神子の計画では、国が仏教に限界を感じ聖人を求めた時に復活する予定であった。しかしその思惑ははずれ、仏教は千年以上もこの国を支配する。

  仏教の力ある僧侶達は神子の霊廟を封じ続けた為、復活することが出来なかったのである。神子の企みは筒抜けであったのだ。

  焦ることはない、いつ復活しても良いと眠り続けた神子であった。そして復活の時がようやく来たのである。

  その理由は、彼女の伝説が全て作り物であると言われ始めた事による。
  今現在では超人的な能力を持つ人間が居なくなってしまい、彼女の偉業は全て虚構だと思われても仕方ないことであろう。

  それにより彼女は霊廟ごと幻想郷に移動した。その時、幻想郷にはお寺が存在しなかったため、いつでも復活出来る準備が整ったのだ。

  しかし、そのタイミングで新しいお寺が出来てしまう。
  しかも狙ったかのように霊廟の真上にである。

  それが命蓮寺だった。

  神子は再び仏教の僧侶によって押さえつけられてしまうのか。
  それとも僧侶と戦うのだろうか。

  その昔、物部(古の神々)と蘇我(仏教)が死闘を繰り広げたように。


Hopeless Masquerade official website

Toyosatomimi no Miko HM 宇宙を司る全能道士 豊聡耳神子

人間の心から希望が失われている。
そう感じた神子は自らが希望となり、世界を救おうと考えた。
その為にはまず、邪魔な同業者を倒して
人心を掌握しなければならない。
神子は幻想郷で一番古い宗教施設を訊ねた。

特技 天職の為政者

人気を獲得するたびに観客の欲を吸収していき、
たくさんの欲を吸収するとあらゆる攻撃が強化されます。
逆に人気が喪失すると集めていた欲も放出され、
欲を失いすぎると攻撃が普段よりも貧弱になってしまうので、
人一倍衆目に気を使う必要があります。

ラストワード 詔を承けては必ず鎮め

全仙力と観客から集めた人気を勺に乗せ、
巨大な光剣と化して戦場を叩ききります。
攻撃範囲はフィールド中央周辺に限られますが、
光剣はグレイズもガードもできず、
間合いの内であれば全てを捻じ伏せることができます。


Urban Legend in Limbo official website

Toyosatomimi no Miko ULiL オカルト名 「赤マント青マント」

打撃、射撃ともにそつなくこなす万能キャラ。
というのは世を忍ぶ仮の姿。

オカルトアタック「赤が欲しいか青が欲しいか」が
敵に命中すると 相手に赤か青かの選択を迫り、
赤は打撃が、青は射撃が強化される
この強化状態を活かして相手を攻め立てるのが
本分のキャラ。

Offizielle Ressourcen[Bearbeiten]

Referenzen[Bearbeiten]